格好悪いとはこう言う事さ

飛ばない豚の格好悪い日常を書き綴る、豚の独り言。

カテゴリー: Pyhton

Pythonの入門書。

 Pythonのゲームプログラミングの本を読み始めていましたが、やはりその前にもっと基本を抑えておかないといけないと思い、もう一冊入門書を購入しました。 「Pythonプログラミングのe-本(第2版)」(秀和システムトレーディング)と言う書籍で、以前これのC言語版を購入したときに非常にわかりやすく書かれていたので、今回もこのシリーズを購入してみました。 まだページを開いていないので中身の確認はしていませんが、今後暫くはこの本をテキストにPythonを勉強していきたいと思っています。  5年前の日経ソフトウェ

「こんにちはPython」読了。

 4月29日に「こんにちはPython」を購入して、丸五日かかって何とか読み終えました。 作者のすがやみつる先生は「入門書の入門書」として執筆されたそうですが、ガチガチに錆び付いた豚の脳みそでは、ついて行くのがやっとこさと言う感じでした。もっと頭の柔らかい小中学生が読むと、すんなり頭に入ってくるんだろうなと思います。 最後まで悩まされたのはインデントの問題でした。どれだけ注意していてもインデントがずれていて、「なんで実行されへんのやろ?」と頭を抱えてしまいます。特に豚は、自由にコードがかけるC言語に馴染みが

歳のせいか……。

 新しい事柄が頭に入らなくなってきています。先日から始めたPythonの勉強、教材に「こんにちはPython」と言う比較的容易な物を選んだにも関わらず、理解が十分に追いついていません。いや、理解はしているけど習ったことを憶えていないと言う方が正しいのか……。 おまけにC言語の知識がPythonに上書きされているようで、C言語の入門の基礎の基礎のを忘れかけているという状態です。使い慣れたC/C++を捨てPythonを取るか、或いは昔取った杵柄を大事にするか。今後万が一何らかの形でPCや教育に携われる可能性があ

第7章を終えて。

「こんにちはPython」の第2部第7章を終えました。モジュールの取り込みや条件分岐・繰り返し・キー入力・乱数等など盛りだくさんの章でした。 これはC言語など他の言語を知らない方が、すんなりと勉強できるなというのが感想です。C言語では{}で囲まれたスコープがpythonではインデントのみで実現されたり(未だに慣れない)、命令文の最後には;が不要だったり代わりに:が必要な箇所が有ったり……。  プログラムもぐっと長くなり、第6章に比べて一気にレベルが上がりました。何とか付いてきているけど、一人でこれだけのコー

第6章を終えて。

「こんにちはPython」の第6章を終えたのですが、思ったより苦戦しました。最後の素数を求めるプログラムの所で、入力したコードにインデントミスがあるのを気付かずに紙面との出力結果の差違に悩み、C言語で自力で素数を求めるプログラムを作ってみて、Pythonのコードに直したところでインデントミスに気付くという……。とんでもなく遠回りをしました。 紙面でもインデントの機能について解説されているのに、ついC言語の癖が抜けずにインデントを甘く見たのが間違いでした。  ここだけで2時間くらい悩んでいました。誤植を疑った

完全に味覚は戻りました。

 昨日一日は何だったんでしょうか。今日早朝、冷凍お好み焼きを食べたら、ちゃんと味を感じることが出来ました。薄くも無く美味しいと思えるあじだったので、完全に戻ったんだと思います。やっぱり積もり積もった寝不足から来ていた体調不良の一環だったのかな……。 ともあれ、一時はコロナを疑いましたが、違うかったと言う事で良かったです。 「こんにちはPython」ですが、まだ第1部を終えたところでストップしています。忙しかったり体調不良だったりで、中々時間を取れませんでした。今日こそは第2部に入っていきたいと思います。 な

どうしてもやる気が起きない。

 Pythonの勉強、どうしてもやる気が起きません。 今晩は弟の入浴とか用事があって、余り時間が取れないのに……。 ずっとPCの前で座って居るけど、どうしてもテキストのページを開ける気が起きません。これが鬱の呪いか……。(意味不明)  もう少しだけ動画を見て、再度チャレンジしてみます。  午後1時58分

Pythonの勉強2回目。

 昨夜からまた少し上がり始めた熱も今は平熱に戻りました。37.5度以上が4日連続じゃないので、コロナじゃ無いんだろうな……と思っていますがどうなんでしょう。今夜も上がってくるようならちょっと怖いな……。  さて、深夜にダウンロード購入した「こんにちはPython」を教材に使ったPythonの勉強の2回目ですが、既に「しんどいなぁ~」「面倒やなぁ~」との心の声が聞こえてきます。豚はガチガチの保守派なので、新しい技術を取り入れるのが苦手なタイプです。根底には「面倒」と言うのが有るのですが、これは鬱病である以上あ

第1部を終えて

「こんにちはPython」の第1部を終えました。 簡単な計算と文字や文字列の扱いがメインでしたが、初めての豚にはなかなかのボリュームでした。 午前1時から1時半まで実家から呼び出しがあって出かけていたので、実質1時間半くらいかかったでしょうか。  以前にPythonを囓りかけたときに読んだ書籍では、コードエディタは別途用意する必要があったのですが、今回はIDLEと言うPythonに付属されたコードエディタを使いました。どちらが良いのかは人によって分けれますが、豚はコードエディタにVS Codeを使う方が好き

ざっと目次を読んでみた。

「こんにちはPython」の目次をざっと読んでみました。既に訳ワカメ……。この言語はCよりもBASICに近いのかな。そんな印象を受けます。  この書籍は日経BPが発行しているんですね。最近の「日経ソフトウェア」はすっかり「日経Python」になってしまっているので、ここ一年くらいは購入しても読むところがありませんでした。この漫画を機に読み返す事が出来ると良いな……。  従来のプログラミング言語と記号や用語の意味も全く違うけど、何とか食らいついていきたいですね。 漫画としては「こんにちはマイコン」の時のように