格好悪いとはこう言う事さ

飛ばない豚の格好悪い日常を書き綴る、豚の独り言。

カテゴリー: C/C++

プログラミング教育って高い……。

 ふと思うところがあって、プログラミング専門のセミナーを調べていました。殆どがC/C++等の言語では無く、Webプログラミング向けのRubyやJavaScript等の言語でした。 費用は幾らくらい掛かるのかなと思って調べてみると、平均で70万円~80万円! 豚の通っていたACSのマイコンシステム科が1年で約100万円程度でしたから、わずか2ヶ月程度でしかもセミナー形式の講義であの価格は高すぎでしょう。  まぁ未経験からITエンジニアに転職できたと言う人の体験談がズラリと並んでいるので、成功した人にとっては安

ロケットもC++で飛んでいる。

 アメリカでNASAと民間宇宙事業会社スペースXで共同開発されたロケットは、OSはLinuxでシステムはC++で書かれていると言う記事を見ました。最新のシステムを搭載しているだろうから、もっと違う言語でプログラムが書かれていると思っていましたが、最先端宇宙技術でもC/C++は現役なんですね。 豚はアセンブラを除くとC/C++しか知らないので(BASICも少しは分かる)、もう時代遅れの役に立たないスキルしか持っていないと落ち込んでいましたが、まだまだ現役で使われている技術なんだと言うことを知って、少しだけ自信

¥と\。

 今朝、友人の娘さんでとある女子大に通う人から、「C言語について教えて欲しい」とメールが届きました。 なんでも、テキスト通りに入力したのにコンパイルが通らずにエラーが出るとのことで、テキストの該当ページの写真と実際に入力したコードの写真が添付してありました。 写真を見ると、まだ入門の中でも始めの方で、制御文についてのサンプルプログラムでした。見たところ、その人が入力したコードには間違いがありません。敢えて言うならプリプロセッサの宣言文で、スペースが抜けていたくらいでした。 実際に豚のPCでもコードを入力して

メッセージの表示。

 DXライブラリを用いた開発では、標準コンソール出力が使えないので、printf等で簡単にメッセージを表示できません。それに準ずる関数は用意されていますが、位置や色の指定などを行う必要があります。またテキスト画面に表示するのでは無いので、文字列を表示する範囲の画像を一時的に保存して、用が済んだら元に戻してやる必要があります。  キャラクタエディタでは最初にエディットするキャラクタのサイズを入力させようと思うのですが、ぶっきらぼうに「サイズを入力して下さい」として入力させるか、簡単なウィンドウを開いてそこで入

キャラクタエディタの制作。

 以前作っていたキャラクタエディタは32ドット×32ドット専用のエディタでしたが、16ドット×16ドットのキャラクタに対応したエディタをソースからまるっと紛失してしまったので、新たに一から作成し直す事にしました。  今回はキャラクタサイズを可変にして、汎用性のある物に仕上げたいと思います。 画面サイズは1280ドット×1024ドット或いは1024ドット×768ドットのいずれかにする予定です。 開発言語はC++言語、DXライブラリ使用です。色指定はカラーパレットより選択とRGB値の直接指定のどちらでも可能にす

豚と一緒にC言語 第1回にして最終回。

 さて突然ですが、この講座は終了します。やった事と言えばVS2019をインストールしただけですが、よくよく世間を見回すと、C言語を解説した良書に溢れています。豚の拙い解説を頭を捻りながら読まずとも、簡潔にわかりやすく図表付きの解説で現された書籍が多数有ります。Macで学ぶ~でも書きましたが、それらの書籍を読んで頂いた方が良いという結論に至りました。  元々は豚も復習を兼ねて進めていこうという企画でしたが、読者も皆無なのでモチベーションも上がらず、講座の準備に時間がかかりすぎます。専門学校教員時代に培った手法

C言語は少し休止。

 少し間が空いてしまいましたが、「豚と一緒にC言語」はもう少しお休みを頂きます。 レジュメを作る時間が取れないのと、講座の方針を少し変更しようと思っているので、その準備や資料を集めるのに時間がかかっています。 まだ詳細は決定していませんが、普通の講義方式では無く、練習問題を中心に講座を進めていこうと考えています。あれこれ知識を詰め込むだけでは退屈するし、問題解決の技術も身に付かないので……。豚が教員時代に作成した提出課題を保存してあれば良かったのですが、離婚したときに何もかも投げやりになって、PC関連の資料

豚と始めるC言語 第0.5回

 前回はこの講座を始める下準備としてVisual Studio Community 2019をインストールして頂きましたが、皆さんの環境では上手く行きましたでしょうか? Visual Studioは統合開発環境と言って、エディタ・コンパイラ・デバッガなどのツールが一つにまとまったプラットフォームです。 エディタというのは前回実際にプログラムを書き換えて頂いたと思いますが、あのツールの事です。プログラムを実際に記述していくためのツールで、誤解を恐れずに言えばワープロのプログラミング専用版ですね。  コンパイラ

昨夜はレトロゲームを……。

 昨夜はレトロゲーム関連の作業を、4時間ぶっ通しでやっていました。今はスーパーファミコンに関する作業ですが、まだまだ10分の3程度終わっただけです。先月の終わりあたりから始めたこの作業、まだ当分かかりそうです。  メルカリで書籍を2冊、購入しました。いずれもC言語関連の書籍です。一つはポインタに特化した書籍で、一冊丸ごとポインタの解説に占められています。 もう一つは基本情報技術者の国家試験対策の書籍です。豚がこれから受験しようというわけでは無く、ブログで始めた「豚と一緒にC言語」で取り扱う課題のサンプルにな