格好悪いとはこう言う事さ

飛ばない豚の格好悪い日常を書き綴る、豚の独り言。

ちょっと時間があると……。

ちょっと時間があると……。

 自由になる時間がちょっとあると、ろくな事を考えませんね。後数ヶ月で50歳になるのに、自分は一体何をしているんだろうとか、この先どうなるのかとか……。
 心身共に休めるはずが、不安と焦燥感に駆られる状態になってしまいました。

 豚から離れていった友人たちが、何故去って行ったのかが、今となってはよく分かります。障害年金に身を委ねてしまい、頑張って生きていく事を諦めてしまったような生活をしているから。特に仲の良かった友人が去ったきっかけは、豚が安定剤を服用した後で飲み会に誘われ、その状態でアルコールが入ったものだから、精神的に物凄く不安定になり、「豚はこのまま障害年金を受給して、静かに生きていければ良い」などと口走ったからでした。
 普段から「何の努力もしないヤツは大嫌いだ」と言っていたので、完全に豚に見切りを付けたんだと思います。その後はばったりと連絡も無くなり、会う事も無くなりました。
 勿論それは本心では無く、安定剤とアルコールが吐かせた弱音に過ぎなかったのですが、そんな事は相手には分かるはずも無く……。
 本心では何度も書いているとおり、再度PC関連の教育に携われれば良いなと思っているし、それに向けてのスキルアップもしなければいけないと本気で思っています。

 一度口から出た言葉は取り消す事が出来ません。言い訳がましく弁解の電話をしても、彼は本気には取らないでしょう。

 また湿っぽくなってしまいました。もうどうにもならない事はサッサと切り離して、今日を生き抜く事だけを考えようと思います。豚にとってはそれだけでも大変な事ですから、一日一日を大事に生きていこうと思います。

 でも、思わずにはいられないんです。「あの時、専門学校に行かずに、東京にある会社に就職していれば……。」と。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です