格好悪いとはこう言う事さ

飛ばない豚の格好悪い日常を書き綴る、豚の独り言。

Pythonのリファレンスを買いました。

Pythonのリファレンスを買いました。

購入したリファレンス

 購入したのは秀和システムトレーディングのPythonの逆引き大全です。豚は触ろうとする言語が有れば、まず入門書一冊とリファレンスを一冊揃える事にしています。後はその言語を使用したアルゴリズム辞典が有れば、それも揃えています。これだけ有れば相当熟練するまで困る事は余り有りません。ただこの手の専門書は、かなり良い値段するのが悩みですね。

 豚は教員時代、常々「リファレンスを読めるようになれ!」と教えてきました。リファレンスは辞書のようなものなので、これが読めるようになるとかなりコードを書くのが楽になります。入門書だけではその範囲の命令文や関数などは理解できますが、それ以外の事は分からないので、かなり戸惑ってしまいます。リファレンスは読んでいて楽しいものではありませんし、読み解くためにはその言語を最低限は触っておく必要があります。ですので初学者にはハードルの高い書物になります。でも少し言語を触ってからリファレンスを紐解くと「こんな命令が有るのか!」「こんな便利な関数もあるのか!」と新しい発見をする事が出来ます。逆にリファレンスが無いと、暗中模索でネットで調べたり或いはネット環境すら使えない環境での作業になれば、それまでの経験だけでコードを書かねばなりません。

 豚はまだPythonに関しては初学者で、まんがで解説されていたものを除いてはまだ入門書すら読んでいません。全てはこれからなのですが、取り敢えずは困らないように道標を用意しておきました。
 ただ豚は環境だけは揃えるけど、結局勉強しないまま放置というパターンが非常に多いです。形から入ると言う最もダメな人間の典型ですね。PythonとC#はそんな事にならないように、頑張らなければ……。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です