格好悪いとはこう言う事さ

飛ばない豚の格好悪い日常を書き綴る、豚の独り言。

RG350M。

RG350M。

 以前から買おうか買うまいか悩んでいたエミュレーター機を、昨夜寝ぼけ眼でポチってしまいました。今朝起きてから慌ててキャンセルするも、最早手遅れ……。仕方がありませんね。

 購入したのはRG350Mと言う中華製のエミュレーター機です。対応ゲームはPS1・CPS1・CPS2・FBA・NEO GEO・GBA・GBC・GB・FC・SFC・MD・SMS・GG・MSX・PCE・WSC等など合計20種類に対応しています。
 PSPに対応していないのは非常に残念ですが、レトロフリークで遊べるソフトは全て網羅しているので、結構遊べるのでは無いかと思います。

 豚が購入したのはゴールデンピンクで、本当はブラックかシルバーが欲しかったのですけど全て品切れでした。
 これの後継機(RG280M)が最近発売されたのですが、軽量化された代わりに解像度がかなり落ちてしまったので、未だにこの機種が人気です。
 豚はAmazonで購入しましたが、中華サイトから買うと送料無料でAmazonよりも4,000円位安く買うことが出来ます。

 問題はROMイメージの吸い出しで、PS1はどうにでもなるのですが、その他の機種の吸い出しにはそれぞれ専用の機器が必要になってくるので、結構大変だったりします。レトロフリークで吸い出した物はプロテクトがかかっているし……。吸い出し機は色々と売っているので、ボチボチ集めていくしか有りませんね。

 豚はMOTHERをプレイするためにこのマシンが欲しかったんです。レトロフリークでも遊べますが、50インチのモニタに映すとドット絵が大きすぎてなにが何やら分からないです。SFCはそうでも無いのですが、FCはもうガタガタで……。

 本意では無いとは言え折角購入したので、手持ちのROMで遊んでみようと思います。しかし対応しているMicroSDXCカードは128GBと256GBのどちらに対応しているんだろう。解説しているサイトによってバラバラです……。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です