格好悪いとはこう言う事さ

飛ばない豚の格好悪い日常を書き綴る、豚の独り言。

Pythonの入門書。

Pythonの入門書。

 Pythonのゲームプログラミングの本を読み始めていましたが、やはりその前にもっと基本を抑えておかないといけないと思い、もう一冊入門書を購入しました。

「Pythonプログラミングのe-本(第2版)」(秀和システムトレーディング)と言う書籍で、以前これのC言語版を購入したときに非常にわかりやすく書かれていたので、今回もこのシリーズを購入してみました。
 まだページを開いていないので中身の確認はしていませんが、今後暫くはこの本をテキストにPythonを勉強していきたいと思っています。

 5年前の日経ソフトウェアを読み返していると、C++の特集が組まれていたりしていましたが、今や端から端までPythonずくめ。人気のプログラミング言語№ⅠもPythonなので、今後この業界で生きて行くにはPythonは必要最低限度の一般常識なんだなと思います。ゲーム業界では未だにC/C++が一番使われているようですが。実行速度はコンパイラ型言語には叶わないと言った所でしょうか。

 豚は将来(と言っても後僅かですが)コンピュータ関連の教育に携わる仕事をしたいと思っているので、今トレンドなプログラミング言語は押さえておかなくてはいけません。夢叶わなくても趣味で使える言語が増えるのは良いことなので、これを機に勉強してこうと思います。「こんにちはPython」と違って文字ばかりの書籍は、まだ読むのは辛いですけどね……。

 午前3時22分

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です