格好悪いとはこう言う事さ

飛ばない豚の格好悪い日常を書き綴る、豚の独り言。

とある女子プロレスラー。

とある女子プロレスラー。

 豚はプロレスというスポーツを観ないので、当然女子プロのことも全く知りません。
 でも、今朝ツイッターを開いたら、木村 花さんという22歳のレスラーの方が自死されたという記事が飛び込んできました。原因はネットテレビの番組で、花さんの発言が気に食わないという人たちからのSNSへの心ない書き込みが数百件近くあったらしく、それに追い詰められて、最愛の子猫を残し旅立ってしまったという事でした。

 朝から胸が締め付けられて、鬱の大波に襲われてしまいました。ネットでの誹謗中傷は恥ずかしながら豚も覚えがありますが、匿名ではありません。相手にはそれが誰であるかがわかっている状態で、半ば喧嘩のような形で誹謗合戦をやりました。

 しかし今回は違います。SNSと言う匿名性の高いメディアでしかも捨てアカウントを作って誹謗中傷をしたい放題。そして花さんが亡くなられたのを知ると、怖くなったのかさっさとアカウントを削除、或いはロックして足が付かないようにしています。
 これは卑怯以外の何者でもありません。有名人である以上、アンチの人は付きまとうのは宿命でしょう。でもそれが毎日数百も書き込まれたら、強靱な心の持ち主でも折れると思います。

 今回、亡くなられた花さんに誹謗中傷を浴びせた人たちは、一生十字架を背負っていかなければなりません。また、そうあるべきです。

 豚も若い頃は、刃のように鋭く尖った言葉を友人に浴びせたことが幾度か有ります。その時のことは未だに鮮明に覚えていて、後悔と申し訳なさで自分が嫌になる時があります。豚が今鬱病で苦しんでいるのは、謂わば「因果応報」ではないかと思うときが多々あります。

 言葉は一度発すると二度とは戻らない。そしてその一言で相手を死に追いやってしまうことすら有ります。
 今回の件で、豚は誹謗中傷で無くても普段の会話でも、相手を傷つける事は無いかと考えてから発言しないといけないと思っています。まだまだ至らぬ身ではありますが……。

 午後4時45分

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です