格好悪いとはこう言う事さ

飛ばない豚の格好悪い日常を書き綴る、豚の独り言。

「こんにちはPython」読了。

「こんにちはPython」読了。

 4月29日に「こんにちはPython」を購入して、丸五日かかって何とか読み終えました。
 作者のすがやみつる先生は「入門書の入門書」として執筆されたそうですが、ガチガチに錆び付いた豚の脳みそでは、ついて行くのがやっとこさと言う感じでした。もっと頭の柔らかい小中学生が読むと、すんなり頭に入ってくるんだろうなと思います。
 最後まで悩まされたのはインデントの問題でした。どれだけ注意していてもインデントがずれていて、「なんで実行されへんのやろ?」と頭を抱えてしまいます。特に豚は、自由にコードがかけるC言語に馴染みが深いので、コードの記述位置なんて考えたこともありませんでした。その点、初めて触る言語Pythonなら、「こう言うものだ」とすんなりと入ってくるんだと思います。

「こんにちはPython」は、簡単なテキスト表示からGUIを用いたプログラムまで、幅広い内容を極力平易な表現で教えてくれました。出来ることなら「こんにちはPython2」を読みたいところですが、無理なんでしょうね……。(尤もこの書籍の売り上げにもよるんでしょうけど。)

 この書籍のお陰で、何とか入門書を読んでみようという気持ちが起きてきました。折角学び始めたPython、このまま勉強を続けてC/C++に次ぐ「第二言語」と言えるまで、精進したいと思います。

 初めて「こんにちはマイコン」を読んだときのように、ドキドキしながら読み進めることが出来ました。
 非常に楽しい時間を、ありがとうございました。

 午後4時42分

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です