格好悪いとはこう言う事さ

飛ばない豚の格好悪い日常を書き綴る、豚の独り言。

来月は行かないと……。

来月は行かないと……。

 武漢コロナが蔓延しているので、今月はクリニックに電話して「特別に」処方箋を薬局へ送って貰いました。しかし、障害者自立支援の期限が切れているので、管理表をクリニックに取りに行かなければなりません。申請自体は昨年のクリスマスイブに保健所で済ませているのですが、毎年管理表が届くまでには3から4ヶ月かかります。それもクリニックに直接届くので、本人保管の管理表をクリニックから受け取らないと、薬局で自立支援が受けられなくなってしまいます。
 来月は本当に決死の覚悟で電車を乗り継いで、寝屋川のクリニックまで行かなくてはなりません。また7月にも障害年金の診断書を書いて貰いに行かなければならず、「なんで今年に限って……」という感じです。

 豚は今、人との接触を極力避けています。会うのは病院の医師くらいのもので、友人知人でさえも直接会うのを控えています。豚が一人暮らしなら別に良いのですが、年配の両親と持病を持っている弟に武漢肺炎をうつしてしまっては目も当てられませんので……。
 なので、濃厚接触になりかねないクリニックの待合室で長時間待つのは、非常に怖いです。狭い待合室にいつも満員の状態ですから。

 マスクも手指用のアルコール消毒剤も、ヨドバシから連絡が来て「当面入荷する予定が無いので、再度来月の中旬に連絡します」とのメールが来ました。かれこれ3ヶ月は待っているのですが、全く入荷する気配すら無いようです。政府主導でマスクを増産に次ぐ増産をしている筈なのに、一体どこへ行ってしまうのでしょうか。先日、偶然にドラッグストアに入荷していた物を購入出来ましたが、10枚入りで一家族1つのみだったので、焼け石に水状態。しかもそれ以降全く手に入りません。
 一応まだ実家と合わせれば50枚くらいの在庫はありますが、親父と豚で使うので、余り余裕はありません。豚は1枚のマスクを数日間、消毒しつつ使うのですが、親父は一回外出する毎に捨てているようで、みるみる無くなっていきます。本当に困ったものです。

 これから益々国内でも感染が広がっていく事は目に見えているので、マスクのみならず何とか自衛していかなければなりませんね。豚が武漢肺炎に罹患したら、福とさつきの面倒を見る人が居なくなってしまいますので(両親は面倒見切れないと言っているので)、大げさなくらいに対策を取って行こうと思っています。

 午後5時58分

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です