格好悪いとはこう言う事さ

飛ばない豚の格好悪い日常を書き綴る、豚の独り言。

武漢コロナ云々……。

武漢コロナ云々……。

 中国は公にしていませんが、武漢ではコロナウィルスの再感染が広がっているらしいです。それをひた隠しにするために、高架道路を除く全ての交通網は完全封鎖していて、外部に情報が漏れないようにしているとのこと。
 何でも武漢コロナは一度治癒しても、治療を続けない限りはすぐに再発するらしく、この再感染の原因も、病院で完治した言われて帰宅した人が宅配業者に接触したことが原因で始まったという。
 これは武漢在住の複数の医療関係者が明らかにしているらしいです。
 中国は言論統制が厳しいので、不穏な発言をした人はすぐに逮捕されたり監禁されたり或いは……されたりするので、なかなか情報が出回りません。でもこの一件は、次の話の裏付けとなりそうです。

 間もなく日本国内でマスクの転売が禁止されますが、これは大きなザル法で、既に日本国内に入り込んでいる中国籍の転売やーにとっては、この上ない追い風になる可能性が強いという。
 確かに日本国内向けには転売が出来なくなるが、それを中国や台湾向けにスイッチを切り替えて転売をしている転売ヤーが大多数らしい。
 つまり、転売は禁止するけど海外向けに輸出は禁止されていないので、国内の転売ヤーは確かに減るだろうけど、元から中国や台湾にマスクを転売している転売ヤーにとっては、寧ろライバルが減って好都合なだけだという。
 本当に必要な人にマスクを行き渡らせるには、政府が一括して購入し、家庭に配布という方式を徹底しなければ、無理だろうとのことです。

 そこで最初の話とのリンクですが、中国は既にコロナによる感染は収束してきて、習近平国家主席も先日武漢に直接乗り込んで世界に向けてアピールしていましたが、では何故日本の転売やーが買い占めたマスクが未だに中国で売りさばけるのかと言う疑問が残ります。
 中国は国内で生産したマスクの輸出を全面禁止しており、毎日相当数のマスクは国が買い占める形で備蓄しています。武漢コロナが収束しているなら、そんなに大量のマスクを必要としないはず。さらに日本で買い占められたマスクまで中国で売りさばかれているというのは、やはり武漢での再感染が起こっていて、まだまだマスクが必要な状況であると言えるのでは?と言う事。

 以上はネットで拾った情報ですが、実際の所はどうなんでしょうか。武漢コロナの再感染に関しては、一度陰性の診断が出ても数日で陽性に変貌することがあるという特性から、あり得ないことでは無いと思います。そうだとしたら、このウィルスに感染したら、治療薬やワクチンが無いうちは根治は難しいという事になってしまうのですが……。

怖いですね。

午後1時04分

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です