格好悪いとはこう言う事さ

飛ばない豚の格好悪い日常を書き綴る、豚の独り言。

親父の痴呆が酷い。

親父の痴呆が酷い。

 少し前から親父に痴呆症の気が見られましたが、最近になって特に酷くなってきました。
 前日の記憶が無かったり、物の固有名詞を忘れてしまったり……。

 今日もシリンジ(弟にエンシュアを飲ませるのに使う)が届いたので、「シリンジが届いたで」と言うと「シリンジってなんや?」と言い出す始末。自分が注文してくれと言っておいて、この有様です。「注射器のことや」と言うと「あれはシリンジって言うのか……。」と、すっかり忘れてしまっています。

 ここ最近物忘れが酷くなった理由に、親父が精神安定剤であるデパスを服用し始めたことが有ると思います。家族の恥部を晒すようで言いにくいですが、豚の家庭環境は酷いもので、両親は口を開けば罵り合っています。そんな中で、親父は精神的に不安定になったと言って、かかりつけの内科でデパスを処方して貰ったようです。それが完全に薬に依存してしまい、「デパス無しでは生きていけない」とまで言っています。一日の処方最高量を毎日服用しているようなので、それが物忘れに繋がっていると思います。
 豚もデパスをODしたら、完全に記憶がぶっ飛んでしまいますから。注意書きにも「痴呆の症状が見られる人には、注意すること」と記載されています。

 弟に続き親父まで痴呆で要介護になったら、我が家は完全に破綻してしまいます。そんな未来が目に見えるようで恐ろしいです。

 午前11時48分

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です