格好悪いとはこう言う事さ

飛ばない豚の格好悪い日常を書き綴る、豚の独り言。

一睡もせず。

一睡もせず。

 豚は昨日から一睡もしていません。今日は眠るつもりだったけど、親父の体調不良で弟の車椅子とベッドの上げ下ろしを豚が全面的にやらねばならず、少なくとも弟が就寝する今夜の深夜か明日未明まで、眠ることが出来ないようです。
 親父も母親も年齢を重ねていくので、これからは豚が中心になって弟の介護をしていかなくてはならないですね。
 まぁ今日の豚は変なテンションで、全く眠くはありませんが。

 弟の食事中、或いはベッドで寝転んでいる間は豚の自由時間ですが、その間になにかやろうと目論んでいるのですが、中々何も手に付きませんね。昔(それこそ阪神・淡路大震災の頃)は常に頭の中はマルチタスクで、何かしながらも同時にプログラムのロジックを考えていると言う状態でした。それは無職の間も同じで、常に頭をフル回転させてないと落ち着かなかったんです。それが鬱に罹患してからは脳の歯車は錆びついたように動かなくなり、何も生産的なことは考えることが出来なくなってしまいました。
 それでプログラマを辞めた時に「もう2度とコードは書かない」と誓って、手持ちの資料を全部処分してしまったくらいです。(殆どを近畿大学中央図書館に寄贈した。)

 まだ頭の中の歯車が動いていない状態なのに、何かをしようとして無理をかけるから、結局何も出来ずに不安感と焦燥感に苛まれることになります。でも何とか頭の歯車を少しずつでも動かしていかないと、錆びついてしまったまま使い物にならなくなってしまいます。だからお遊びレベルで情けないコードしか書けませんが、ドラクエもどきを作り続けようとしているわけです。それもここ半年くらい全く触りもしていませんが……。

 毎年のようにこの時期(センター試験の頃)には刺激を受けて、「自分もなにか頑張ろう」と思います。結局何も出来はしないのですが、脳の歯車の潤滑油くらいにはなってくれないかと思っています。
 受験生はセンターが終わってからが本番2次試験に向けてのスパートに入ります。豚も負けないように、脳みそを動かせるようにしようと思います。

 しかし当時は、まさかここまで落ちぶれる日が来るとは思いもしなかった……。

 午前11時12分

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です