格好悪いとはこう言う事さ

飛ばない豚の格好悪い日常を書き綴る、豚の独り言。

炭水化物ダイエットの危険さ。

炭水化物ダイエットの危険さ。

 豚は数年前に、今は亡くなられた当時の主治医に「炭水化物は一切抜いて、タンパク質などをたくさん摂ることで不足分を補いましょう」と指導を受け、実行していました。
 確かに128kg有った体重は二月ほどで100kgにまで減りました。豚も「これは効果が有る」と思っていたのですが、近年の研究では炭水化物を過度に抜くと命の危険が有るそうなんです。

 まず体臭がひどくなり、その後頭がフラフラしたりイライラしたりすることが多くなり、四肢の麻痺や痙攣が起き始め、脳梗塞を引き起こして死に至ると言うことがわかってきました。医師の間でも炭水化物抜きダイエットは賛否両論あり、年配の先生ほど炭水化物抜きダイエットを勧めるそうです。

 確かに脳の必要な栄養素はブドウ糖であり、これは炭水化物から生成されるので脳の栄養が不足するのは豚も懸念していました。でも僅かな期間で28kgも減ったので、「有効なダイエットなんだ」と先生を信頼しきって取り組んでいました。

 最近は一日1食だけは穀物を食べるようにしています。大麦50%のご飯ですが、炭水化物に違いないので……。穀物を胃に入れないと寒いですしね。

 結局は適度な食事と適度な運動でしか健康的には痩せることは出来ないと言うことですね。

 脊柱管狭窄症による腰痛と膝の関節痛は酷いけど、頑張って歩こうと思います。

 午前5時34分

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です