格好悪いとはこう言う事さ

飛ばない豚の格好悪い日常を書き綴る、豚の独り言。

忘れてた……。

忘れてた……。

 通院しているクリニックのホームページを見ていて、自立支援の期限が切れるので申請に行かなければならないことを思い出しました。管理票原本と診断書も封筒に入れて預かってきているのに、積み上げてある書籍やら書類の中に紛れ込んでいました。

 早速明日にでも……と思った直後に鬱独特のしんどさが出てきて、ギリギリの今週末の金曜日に行こうと決めて、手帳に書き込みました。でも雨が降るようならまた変更しなければいけないし、母の代診で薬を貰いに行ったりと予定が入ってくると変更しなければならないしで、まだ浮動的ではあります。

 次の診察日は25日。23日にずれ込んだ液晶モニタの到着などがあるので、24日しかありませんね。クリスマスイヴに保健所、クリスマスに精神科と、最高のクリスマスになりそうです……。

 毎年曜日が変わっているはずなのに、何故かクリスマスに診察日が重なる年が多いです。全く嬉しくも楽しくもありませんが、月に一度遠出をするイベントなので、まぁ特別な日と言えばそうかも知れませんね。

 クリニックにパンフレットが出来たらしいので早速閲覧してみましたが、何だか楽しいところと言うイメージを打ち出していますね。豚にとっては「予約時間から最低でも1時間半は待たなければならない、最高にイライラする場所」なのですが、パンフには「完全予約制ですが、お待たせする時もあるかも知れません。」と書いてありました。通院歴21年目ですが、待ち時間がなかったことなんか1回も無かったような……。
 診察に不満があるわけではありません。パンフ記載の通り、話はじっくり聞いてくれるし、家族の相談にも乗ってくれます。豚は弟のことで、アドバイスを頂いたりする事も多いです。まぁ後に迷惑がかからないように、できるだけ手短に話そうと心がけていますが……。長い人だと一人で1時間位診察室から出てこない人も居ますから。そんなときには思わず殺意を抱いてしまうのは、まだまだ豚の精神が病んでいる証拠かな……。
 待ち時間が長いのでゲーム機やら電子書籍用のタブレットなどを持っていくのですが、最初は遊んでいても段々と疲れてきて、結局イライラしながらもボーッと座って待っていますね……。

 豚は今、「迫りくる危機」と、23日のモニタ到着の事で不安でいっぱいです。どちらも親が絡んでくる事なので、無事にやり過ごすことが出来るのか……。

 午後3時14分

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です