格好悪いとはこう言う事さ

飛ばない豚の格好悪い日常を書き綴る、豚の独り言。

弟が発熱。

弟が発熱。

 昨夜遅く、弟が高熱を出しました。急いで総合医療センターの夜間救急外来へ連れて行き受診し、血液検査の結果抗生物質と熱冷ましを一日分だけ処方して貰って来ました。帰宅したのは午前3時を回っていました。
 今朝になって、熱は下がるどころか益々上がったので、かかりつけの内科へ連れて行きました。レントゲンと点滴を受け、医療センターで貰った物と同じ薬を処方して貰い、帰宅しました。ですので、昨夜は殆ど眠っていません。

 今までも何度も発熱で総合医療センターへ行き、「もう少し様子を見る様に」と言って帰され、結局翌日に再受診する羽目になってそのまま入院と言うことになっているので、今回も気が抜けません。今夜高熱が出る様なら、また医療センターへ行かなくてはなりません。
 かかりつけの先生は「医療センターではレントゲンも撮ってくれへんかったん!?」と呆れていました。医療センターの若い医師は「ちょっと熱が出たくらいで騒ぎすぎ」みたいな事を言いましたが、39.7度の発熱は「ちょっと」のレベルを超えていると思うのは豚だけでしょうか?
 幾ら医療費を抑える様に国から通達が来ていても、まともな診察さえしないのならば、医者になる資格は無いと思うのですが……。言いすぎかな?
 診察時に患者の顔も見ず、聴診器も当てず、パソコンの画面ばかりを見て話をする若い医者に、不信感しかありませんでした。あれで「時間外診察加算」で5,000円もプラスされるんですから……。(弟は障害者なので、それはかかりませんでしたが)

 とにかく疲れました。クタクタです……。

 午後2時38分

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です